つまみ細工は和に魅力を感じる方におすすめ!大阪市のつまみ細工教室でつまみ細工を体験

つまみ細工にはいくつかの種類と、それぞれに必要な材料があります。ここでは、つまみ細工の種類と必要な材料についてご紹介します。大阪市でつまみ細工教室に興味のある方は、アトリエ十日月にお越しください。

着物にもマッチするつまみ細工アクセサリー

着物にもマッチするつまみ細工アクセサリー

つまみ細工は、江戸時代から伝わる伝統技術の一つです。薄絹の羽二重を正方形の形に小さくカットし、これを摘んで折り畳み、複数積み重ねることで鳥や花などの文様を作る技法です。

これは、ハンドメイド品としても人気を集めていますし、東京都指定の伝統工芸品でもあります。和服向けのアクセサリーや額縁に飾るなど色々な使い道がありますが、舞妓さんの簪に使用されているものが代表的なつまみ細工です。

摘み方は基本的に丸摘みと剣摘みの2種類で、必要なものは布・ボンド・厚紙・ピンセットです。これだけの道具と材料で楽しめます。

つまみ細工の作り方と種類について

つまみ細工の作り方と種類について

つまみ細工を作る時に欠かせない材料は布です。道具はボンドやピンセット、厚紙などで、いずれも100円均一のお店でも手に入るものばかりです。つまみ細工に使う布はちりめん、正絹などが主体となりますが、ハンドメイドはこれでなければいけないという決まりはありませんので、カラー帯芯を使って楽しんでいる人も少なくありません。

尚、凹凸の大きなちりめんを使うと全体的にふっくらとしたデザインを作ることができますし、ちりめん以外にもリネン生地や木綿生地などでも可能です。

簪をはじめ、ピン止めに付いたヘアアクセサリー、ヘアコームなど色々な種類がありますので、楽しみが膨らむのではないでしょうか。

つまみ細工の作り方や必要な材料とは?

まず、購入してきた布を3センチや2センチ角の正方形にします。次に、三角形に折ってさらにもう一度三角形に折り畳み、中央をピンセットで摘みます。すると、上側にビラビラが出てくるので、それを外側に折り、切れ端がある側にボンドを少量つけてくっつけます。

それを摘まんで立ててあげると花弁が完成します。これを数回繰り返して花を作ることができるのがつまみ細工です。必要な材料はすべて100円均一のお店で入手できます。最近の100円均一のお店は手芸コーナーが充実しているので、つまみ細工に最適な端切れの購入にも便利です。

また、ビーズを使いたい時に同じお店で材料を揃えることも可能です。

大阪市でつまみ細工教室に通いたいとお考えの方は、アトリエ十日月にお問い合わせください。つまみ細工教室では、基本の剣つまみと丸つまみを体験できます。

基本をマスターした後は、髪飾り・帯飾り・ピアスなどのアクセサリーも制作可能です。制作したアクセサリーは、七五三や成人式などでもお使いいただけます。

大阪市でつまみ細工に興味のあるという方、つまみ細工教室の料金・メニューが気になる方は、お気軽にアトリエ十日月にご連絡ください。

大阪市でつまみ細工教室をお探しの方はアトリエ十日月へ

会社名 アトリエ十日月
住所 〒532-0002 大阪府大阪市淀川区東三国4丁目1−24 第2松島ビル205
TEL (090) 7550-9263
営業時間 体験教室(予約) 10:00-20:00 (日 火 木 土 祝日)
URL https://tohkazuki.com/
PAGE TOP